コロニーカウンター

コロニーカウンターとは
培地状シートを使った微生物検査におけるコロニー(培地上で培養された細菌の集落)数計測のお手伝いをします。
当システムですと、市販のスキャナーとWindowsパソコンの組み合わせで実現でき、簡単な操作で計測が可能となります。
機能の紹介および特長
  • 計測したコロニーに対して、円の塗りつぶし表示が可能です。色は変更可能です。
  • 計測画像の拡大が可能です。
  • 計測領域を表示することができます。
  • 計測前後の画像を一つのファイルに保存します。
  • コロニーカウント数の補正が可能です。
  • 希釈倍率を入力すると、生菌数を自動計算します。
  • 保存画像ファイルにシート入力情報もテキストで保存しており、保存画像をよむことにより、カウント結果、シート入力情報を表示します。
  • 計測結果をCSV形式で出力します。管理作業などに活用できます。
  • プレビュー付きの印刷機能があります。
  • 一般生菌、大腸菌群、大腸菌・大腸菌群の培地シートに対応しています。
  • TWAIN対応のスキャナーに接続できます。
対応するスキャナー及び培地シートに関して、お問い合わせください。
対応する培地シートの追加など機能の追加にも対応可能ですので、ご連絡ください。

計測画面例

*画面上の培地シートは、3M ペトリフィルムのCCプレートに対する計測画像です。
拡大表示機能

コロニー色づけ機能
抽出したコロニーに対して、円による囲み表示、塗りつぶしで色づけ表示できます。色も選択できます。
計測前の色づけ表示なしコロニーと計測後の抽出コロニーの色づけ表示をボタンのワンクリックで切り替えが可能です。
色は、事前に選択画面で選択できます。
発売時期・価格
発売時期2014年秋予定
価格スキャナーセットで約30万円予定(パソコンは含みません)
お問い合わせ先
〒770-0052
徳島県徳島市中島田町三丁目56番地1
tel:088-678-7430   fax:088-678-7460
e-mail:info@optpia.co.jp
ページトップへ